山田 「いきものがかり」

本社業務部の山田です。

昨年ぐらいから息子が「いきもの」に興味を持ち始め、昨夏は池でザリガニやおたまじゃくし、淡水魚などを捕まえたり、甥っ子からカブトムシやクワガタをもらったりで、山田家は一気に色んな「いきもの」と生活する事となりました。

世話のほうは、当時4才の息子にできるわけもなく、嫁さんも「おなか減ってそうやでー」と言うくらいで必然的に僕が「いきものがかり」となったのですが、まぁこれが中々大変で、、、。

餌やり、掃除、飼育環境の整備などかなりの労力を使いました。
その甲斐あってか、現在はおたまじゃくしがカエルになり、クワガタやザリガニは越冬し、淡水魚も元気に遊泳しています。

そして、「いきもの」と生活する事で変わった事は、嫁さんが「おなか減ってそうやでー」って言うだけだったのが、「ザリガニがお腹減ってそうやか ら餌あげていいー?」となり、息子は僕が玄関で餌やりしているところを自慢げに近所の子に見せて、図鑑で覚えた知識を誰も聞いていないのに必死にしゃべっ ています。
本当は息子に「いきものがかり」をしてもらいたいのですがもうちょっと先になりそうです。

ちなみに、今年はイモリ2匹が山田家の「いきもの」として追加されました。

村上 「ミント」

ベランダで去年の夏に育てたミントが
冬場枯れて跡形も無くなっていたのですが
春になり土の中に残っていた?種から芽がでてまたグングン生えてきました。

恐るべし生命力!今年の夏もどれだけ成長するか楽しみです。

山岡 「ハワイ旅行」

先日、お休みをいただいて新婚旅行に行ってきました。

あまり予定を立てずに当日になってしまい、
その時の気分で行動するという、ゆる~い旅行となりました。
「ちょっと疲れたな」と言って多分毎日昼寝していました。(笑)

シュノーケリングをした時は同じボートの全員が新婚さんだったり、
買い物をしていたら夫の会社の同期に遭遇したり、
色々とおもしろかったです。

ただ、快晴だったり小雨が降ってきたり、天気がコロコロと変わりました。
海も冷たく、ちょっと残念でした。
私は4月の初めに行きましたが、ベストシーズンは5~9月のようです。
これからですね!

日本人観光客が多いこともあり日本語が割と通じるのですが、
英語が話せたらもっと楽しいんだろうな、と思いました。

溝口潤 「くじら」

大阪本社業務部の溝口Jです。

単純に、私は「くじら」が大好きです。くじらと一言で言ってもその種は90種以上存在すると言われており。もちろん小さい種から大きな種まで様々ですよね。

水族館なんかで見れる「くじら」は、そんな中でも比較的小さな、ハンドウイルカとか、カマイルカとか、ショーをする動物としておなじみではないでしょうか?

そう、その「くじら」

和歌山県太地町、捕鯨で有名な街ですが、この地に関西の聖地「くじらの博物館」という施設があります。

ここには、たくさんの「くじら」が飼育されています。
・ハンドウイルカ
・カマイルカ
・マダライルカ
・スジイルカ(世界でここだけにしか飼育されていません)
・ハナゴンドウ
・オキゴンドウ
・コビレゴンドウ
と、一つの施設で7種の「くじら」を見る事が出来ます。

また、世にも珍しい白変種のハナゴンドウと、アルピノのハンドウイルカも見る事が出来ます。

ハナゴンドウ・オキゴンドウ・コビレゴンドウのショーが見もので、この3種でショーを構成しているのは、おそらくこの「くじらの博物館」だけかと思います。

去年の秋前に行ったのですが、また再び、度々、訪れたい施設です。

追記:白浜から太地・伊勢を経由して名古屋へ行くなんてコースがおすすめですよ。
このコースを走るだけで、白浜アドベンチャーワールド・くじらの博物館・鳥羽水族館・名古屋港水族館へ立ち寄る事が出来ます。名古屋港水族館に行けば、シャチとベルーガが飼育されていて、何と計9種の「くじら」に合う事が出来ます。

森涼 「ハンバーグ」

こんにちは、東京支店の森です。
昨年の今頃の時期にもブログを書いた気がしますので、
その時と同じくさわやかについて書こうと思います。

さわやかって何?という方の為に、
静岡県内のみでチェーン展開している炭焼きレストランです。

美味しそうでしょう!
関東の方は御殿場インター店が一番近いですよ!

ちなみにソースを選べますがオニオンがおすすめです。
店員さんがソースかけるか聞いてくれますが、
ソースをかけずに塩コショウのみで食べてもとても美味しいですよ。

先日さわやかのハンバーグが食べたい!と思い御殿場店に行ったのですが、
受付が今まで上に名前を記入してお店で待っていなければならなかったのですが、先日言った際には最近増えているレシートが出てきて、
メール設定をすればもう少しで呼ばれますよ!という時にメールが来るようになっていました。
先日土曜日に行った時の待ち時間は、

198分待ちでした。某テーマパークでしょうか。
外出する際は20分前まで来店してくださいと案内されたのでギリギリまで買い物をしていたのですが、気がついたら過ぎていました。そうです静岡まで行って食べられませんでした。
その時は思ったより回転が早く150分待ちで入れたようです。
仕事でもそうですが時間には余裕を持たないといけませんね。

さわやかについて書きすぎると怒れてしまうかもしれないので次回は別の事を書くかもしれませんね。
それでは皆様体調に気をつけてさわやかを食べに行きましょう!

森美 「我が家の猫」

私の家には5歳の白い猫がいます。
寒い時期は一緒に寝ています。
(勝手に布団に入ってきます)


最近態度が大きく、寝ている私を押しのけてくるようになりました。
このへんでどちらの立場が上かを一度話し合う必要があるなと思っています。


ヨーグルトが入っていた箱が大好きで、その箱を見た瞬間、
寝そべってウニャウニャしています。
可愛いので話し合いはまた別の機会にしようかなと思っています。

室井 「低血圧 」

先日の健康診断
「低血圧ですね、普段から、めまいや立ちくらみはありませんか?」

ああ~ あるある
いつからだったか、体がだるくて
これ、低血圧の性なのかもしれない

気になって調べてみると、原因は偏った食事や水・塩分不足などなど
健康には人一倍気を使っていたつもりだったので恥ずかしくなりました

症状緩和のひとつとして、カフェイン摂取は、血圧をあげる効果があるそうです
例えば、食後は胃に血液が集まりやすくなり、脳に血液が足りなくなることで眠気や、低血圧の方は頭痛や気分が悪くなるなどの症状が出やすくなります
カフェインには血管が広がるのを抑える作用があるそうです
つまりランチの後のコーヒーって、ちゃんと根拠があるんですね

先生曰く、春は特に症状が出やすくなるそう
低血圧の方、十分に気をつけていきましょう

藤原 「写真」

こんにちは、大阪本社営業の藤原です。

私の趣味のうちの一つが写真撮影ということで、先日友人の結婚式の前撮り撮影をしました。


近くの公園での撮影でしたが、誰かの大切な瞬間を写真におさめるのは
本当にステキだなと改めて感じました。

最近は忙しくて写真を撮る機会が少なくなってきましたが、
これから暖かくなるのでまたカメラを持って春を探しに散歩しようと思います。

溝口優 「フラッシュ暗算」

先日「●●県珠算協会 珠算優良生徒表彰式典」で「フラッシュ暗算」を体験しました。

表彰式の後、「フラッシュ暗算」イベントが行われ、できた子供達は挙手し、正解すると文房具がもらえます。
小学生低学年向けに簡単な「1ケタ」~「2ケタ」が出題。
高学年~中学生になると「3ケタ」が出題され、スピードも早く、答えられる子供達に驚かされました。

子供達が挑戦してるのを見ながら、自分も挑戦してみましたが、
2ケタですでについていけませんでした・・・。

協会側より「是非保護者の皆さんも挑戦してみて下さい」と、期待いっぱいの子供達に見守られながら、保護者対象に「3ケタ」のフラッシュ暗算が出題。
挙手された方が数名いらっしゃり、見事正解です。
正解された方はそろばんの有段者でした。

今は電卓や表計算ソフトで計算するのが当たり前になっていて、暗算をする機会はなかなかありません。
今回の経験は脳が活性化された気がしました。
健康のためには食事や運動も大事ですが、日常生活の中に暗算を取り入れて、脳を鍛えるのも大事だなあと実感する休日でした。
フラッシュ暗算・・・パソコンの画面にフラッシュ式で出題される数字の問題を、珠算式暗算を使って計算するものです。

珠算式暗算・・・そろばんの珠をイメージ化して、頭の中に浮かべ、そしてそれを実際のそろばんと同じように動かして計算します。この珠をイメージする場所は、右脳の後頭部のところに作られます。
この場所は、子供のときにしかつくることができませんが、1度できると生涯にわたって消えることなく右脳の中に存在して、いつでも使うことができるのです。

前田 「保育園の乾燥 」

こんにちは、営業の前田です。
もうすぐ2歳になる子供の母です。

私が担当している「高度清浄加湿装置 うるおリッチ」は学校や保育園などにも、インフルエンザ感染対策としてご採用頂いていますが、まだまだ導入実績は少ないのも事実。
予算や規模の問題などが課題となることが多いです。

ですが、自分自身が子供を保育園に預け始めて、保育園での加湿器の必要性をひしひしと感じることがありました。
「乾燥」=「感染リスクの増大」となります。
が、そもそも保育園ってすっごく乾燥しているんです!
ある日のお迎えで、娘がリンゴのように真っ赤なほっぺで出てきました。
いつもポッと赤い頬をしていますが、その日は強烈に赤くて、
先生に「肌が乾燥していて、さらにお昼寝の際に布団で肌を擦るので酷くなってしまいました。本人も痛がっていて可哀そうなんです…」と。

たしかに、裸足&薄着で活動している教室は、エアコンで温くぬく状態
先生の頬も子供に負けずピンク色…
「暖房温度をもう少し下げませんか? 乾燥し過ぎじゃないですか!?」
「最適な加湿器あるんですが…(うるおリッチのこと)」
と言いたいところでしたが、いつも一生懸命な先生には言えず。

その日は子供に保湿剤を塗ると「イタいイタい!」と泣くていました。
「痛い」や「しんどい」など、自分の症状をうまく伝えられない幼児の環境を整えるのは大人の責任です。
来冬は勇気を出して、先生に改善をお願いしたいと思います。